送る期間が決められている破魔弓|往来の習慣を守って縁起物を送ろう

一生に一度の贈り物

人形

雛人形は職人によって表情が違うので、表情の好みから絞っていくと良いです。店舗によって取り扱う職人に違いがあるので、幾つか店舗を巡ると選択肢も増えるので、納得のいく一体を選ぶ事が出来ます。店舗によっては、雛人形以外の小物は、ある程度自由に組み合わせる事が出来るので、店員に相談してみると良いでしょう。

More...

子供が産まれたら

プレゼント

出産内祝い金は、半額はお返しにあてて残りの半額は子供の将来のために貯金しておいてあげましょう。お返しを送る際には先方の事情を踏まえた上で個別に品物を吟味し、出来れば食べて無くなるものや消耗品にしておいた方が無難でしょう。

More...

初正月のギフト

家族

魔除けの意味があります

初正月に贈られるギフトの一つとして挙げられるのが、破魔弓です。男の子が生まれた家庭に贈られる破魔弓には、一種の魔除けの意味が込められます。複数の弓がデザインされた破魔弓は、男の子への贈り物として相応しい雰囲気の商品です。兄弟が複数いる場合でも、この破魔弓はそれぞれに贈られます。破魔弓は母親の実家の両親が揃えるのが一般的ですが、最近では臨機応変に対応するケースが見られます。両親自らが購入する場合もあるのが、近頃の状況です。ここ数年は破魔弓のデザインも非常に多様になり、モダンな商品もお目見えします。狭いスペースにも無理なく設置出来る省スペースタイプは、特に人気です。専門のアドバイザーに相談すれば、伝統を踏まえた破魔弓が購入出来ます。

飾る時期に気を配ります

縁起を担ぐ習慣から、破魔弓は飾る時期が大切と考えられています。初正月に向けて飾る時は、12月の半ばまでには用意しておくと安心です。12月に飾る場合、様々な縁起から特定の日を避けて飾ることが推奨されます。例えば13日や29日は、破魔弓を飾る日としては不向きです。このような日付の縁起には様々な説があり、念のため押さえておくと役立ちます。縁起物に関しては、ネガティブイメージを持たない方が精神的にもプラスです。従って、出来るだけ従来からの習慣は守ることが大切になります。破魔弓の場合は、飾る期間には特に制限がないのが特徴です。季節的に出し入れをするのが面倒な方にとって、こういった点は特に便利と言えます。

子ども、孫へのプレゼント

男の子

ランドセルは小学校に入学してから卒業するまで使用する大事な道具です。トラブルを起こさない為にも、子どもの好みに合わせた選択や、実際に背負わせてみる、早めの注文をする等などの工夫をすることでトラブルの回避ができます。

More...